北の木工機械屋さん

北海道から世界を駆けるコーエキ社長のブログ。 仕事のことから私的なことまで何でも記録しよう!

北海道のこと

サイクルスタンプラリー

気温もグッと下がりすっかり秋らしくなってきた北海道。冬の足音が聞こえてきそうな北海道でもありますが、この涼しい季節を満喫しておきたいですよね。

image

旭川のお隣美瑛町で『サイクルスタンプラリー』に参加してきました。

距離別に三コースあって、17km、60km、100km。私は娘と二人で60km走ってみました。

image

↑およそ10kmごとにチェックポイントがあって、スマホでQRコードを読みこみます。途中、チェックポイントを通り過ぎてしまい、また戻るというハプニングもあり。

image

美瑛の美しい丘の風景を存分に楽しみました↑
いつもは国内外の観光客でごった返す観光名所ですが、今はコロナの影響で人はまばらです。

丘の町美瑛は坂が多く、自転車はけっこうきつい。娘に登り坂で千切られました… まさか娘の背中を遠くに見て走ることになるとは… 体力の衰えをひたと感じた哀しき秋の風景でした。

ウポポイ

お盆休みに“民族共生象徴空間”「ウポポイ」に行ってきました。白老にできた新しい施設です。旭川から高速で片道約3時間。

高速道路の電子掲示板には通常、速度規制、渋滞情報、事故情報など表示されていますが、この時期はなぜか「7/12ウポポイ開業」の表示。ほぼ100%。国のものすごい“ウポポイ推し”を感じます。

ウポポイに入ってみると…
IMG_3033
新しい施設なので、とてもきれいで敷地は広大↑

コロナ禍の営業で人数制限されていて、事前の予約が必要でした(ちなみにネットの予約はかなり煩雑)。もし行くなら予約お忘れなく。

“国立アイヌ民族博物館”↓
IMG_3035
建物はかなり豪華。

内部も開放的。
IMG_3026

建物内の家具には、旭川家具!↓
IMG_3017

ここまでアイヌな雰囲気はあまり感じません。博物館の展示品を見る前に、建物の造りや施設の豪華さに目を奪われました。中の展示に期待は高まります。

IMG_3020

純粋にアイヌ民族をもっと知りたいと思って来ました。北海道民にとってもアイヌ民族はもう過去のもの。普段見かけることも、その文化に触れることも日常生活ではありません。学校でもアイヌを尊重する教育は受けなかった。

ここからはあくまで個人の感想ですが、展示内容は期待していたよりも薄かった。アイヌ民族の歴史的背景、“和人”との協調や摩擦の歴史に関する資料が少なく、わかりづらい印象でした。国の施設だから、国として、アイヌ民族に対してどう対応してきたかをもっと強烈に伝えて欲しかった。

一方、アイヌ文化の刺繍や木彫り、祭りなどの儀式や生活様式といったものが前面に出ている感じでした。残念ながら、昔の実物の展示物よりもウポポイのために新しく製作したものが多い。

FullSizeRender
(“情熱大陸”に出ていました↑)

今回のウポポイ建設にあたって、政府もアイヌの「存立の危機」を強く認識しているといいます。日本の少数民族に対する国際的な批判も汲んで取り組んだのでしょうが、少々手遅れな感じがしました。ウポポイに入ってなんだか違和感を感じるのは、“民族共生空間”と謳っている空間にはアイヌの人の存在が見えないからだと思います。生で語れるアイヌ人がもういない。最近アイヌの勉強始めました~という私と同じ立場の和人が運営しているんだから物足りない。

IMG_3029

これから行く人のためにちょっとアドバイス…
今回は楽しめなかったのですが、博物館の他に体験型の施設があります。工芸実演、楽器演奏会やビデオ鑑賞など盛り沢山。ただ、その場に行って整理券を発行してもらうシステムになっています。実際行ってみたら、何時間も後まで待つことになるので諦めました。入場する時に教えてくれよ… でもおそらく体験プログラムは充実しているはずです。

あと、漫画「ゴールデンカムイ」にハマっている人も多いはず。私もこれを読んでアイヌに興味を持ちました。でもウポポイにはゴールデンカムイの匂いは全くしません。漫画を読んで楽しみにしている子供は特に残念に思うはず(アシリパさんがチタタプしている姿は想像しましょう...)。

なんだか批判的になってしまいました…ごめんなさい。
でも“ウポポイラーメン”美味しかった↓
FullSizeRender
アイヌの人がこれを食していたわけではないと思いますが…

山の日

子供たちの短い夏休みが始まりました。北海道の夏休みは通常一ヶ月ほどですが、コロナ禍で今年は1週間しかありません。短すぎでしょう。

山の日、天候に恵まれ旭岳に登って来ました。

IMG_2907
姿見の池に写る旭岳↑

山の日、多くの人が登山していました。

雲海
IMG_2934

親子孫三世代で登山しました。
小学生の甥が一番元気。最後まで走っていました。子供は元気でいい!

短い夏休みの思い出ひとつ作りました。

フィンランドの対応

新型コロナウイルス感染の影響が仕事上にも徐々に現れてきています。弊社で取り扱っている欧州の機械やスペアパーツの入荷に影響が出ております。お客様にはご迷惑をお掛け致しておりますが、世界的な情勢もご理解頂ければ幸いです。

弊社で特に取り引きの多い国の状況を少し知っていただければと思います。今日はフィンランドです。

<フィンランド>
日本ではほとんどフィンランドのコロナ感染のニュースを耳にすることはありません。感染者数が他の欧州国に比べると低いからだと思います。あまり知られていませんが、ヘルシンキを中心とした首都圏はいわゆるロックダウンしています。日本のような生ぬるい”要請”レベルではなく、NYやパリと同じ法律にのっとった首都封鎖です。ヘルシンキへ行き来する鉄道や道路は完全封鎖して警察が監視しています。期間は3月28日から4月19日まで(おそらく延期される)。フィンランド全土では会社は自宅待機を命じており、基本的には従業員はテレワークで仕事をしています。学校もお休み。多くの工場も生産を停止しております。

これが我々の仕事にどう影響するのか。例えば・・・日本で緊急にスペアパーツが欲しかったとして、フィンランドに連絡し何とか誰かに会社に行ってもらうとします。部品庫で部品の出荷の段取りまでしてもらい、運送業者が連絡してもらいます。でも、今度は運送業者が電話に出ない、取りにきてくれません。あちこち運送会社に電話しまくって、何とか取りに来てくれる運送業者を探して、部品を持って行ってもらっても、今度は空港が開いていません。首都封鎖ですから。飛行機も飛んでいません。世界的に飛行機の運行状況は通常の8~9割減です。週に何便か飛んでいる輸送会社の飛行機を何とか手配できても、日本にいつ届くかはわからない、そんな状況です。先日は、およそ3週間でやっと日本に届きました。

フィンランドは北海道と非常に良く似ていて、気候はもとより、人口や産業(林業主体)構成など類似点が多く挙げられます。フィンランドの人口はおよそ550万人、首都圏ヘルシンキの人口は170万人。一方北海道の人口はおよそ520万人、札幌圏の人口はおよそ200万人。似ていますね。コロナ感染者数は・・・フィンランドおよそ3000人、死者60人。北海道に比べるともちろん多いですが、他の欧州国に比べると全然少ないです。首都封鎖をして、国全体で外出を禁止してようやくこの低いレベルでなんとかコロナを抑えているような状況。日本は、北海道は、もう少し感染リスクの危機感をもって厳しく対応すべきだと私は思います。

フィンランドの機械部品に関しては、弊社である程度の在庫は持っていますので、それで現状は対応させていただきます。緊急な場合はできる限り対応しますが、現世界情勢もご理解いただければ幸いです。ご迷惑をお掛け致します。

十勝岳

今週末にかけて、ようやく雪がまとまって降りました。いつもの雪景色を取り戻しつつあります。

IMG_1701

先週の絵ですが↑十勝岳連峰が美しく浮かび上がっていました。富良野スキー場北の峰のてっぺんから。

去年は全くスキーに行けなかったので、今年は動かない体に鞭打ってがんばってます。雪よ降れー

どんど焼き

雪が降りませんね〜
雪かきのない冬は楽ですね。
一方で困っている人もいる。冬まつりは大丈夫?スキー場も雪が無くて商売にならない。

どんど焼きに行ってきました。

IMG_1681

いつもの旭川神社。

IMG_1682

今年の無病息災を祈ります。

令和元年大晦日

令和最初の大晦日。
いかがお過ごしでしょうか。
旭川の大晦日はまさかの雨降り。

今年の北海道は雪が少ない!
IMG_1486

少な過ぎて、どのスキー場も四苦八苦。
旭川近郊のカムイスキーリンクスに来てみましたが、コースの半分は雪不足のため閉鎖。開いているコースもブッシュがあちこちに。
いつも行く東川のキャンモアスキー場はオープンを延期し続けて、ついに年を越してしまった… 

温暖化が身近に感じられる。
今年は環境問題が大きく取り上げられた年でもありました。世界中で若い人たちが立ち上がっている。スウェーデンの少女がカリスマのように囃し立てられている。高校生の娘もSDGsを題材に論文を書いていた。

企業は環境問題に無関心ではいられない。今まで以上に。
東京に行くとSDGsのバッジをスーツに付けている人を見かける。大企業は社会的コンセンサスを得るために環境問題に積極的に取り組んでいる。われわれ中小企業も具体的に動く時が来ている。経営活動や経営理念に環境を取り上げなければならない。

ただ、何をすべきか… 
大企業のように資金源が豊富ではない。人材だって限られている。でも幸い木材業界に身を置いている。毎日の普段の仕事が、直接的にしろ間接的にしろ木材を中心とした環境問題に携わっていると言っていい。

環境問題は2020年も大きなテーマのひとつである。肩肘張らずに、会社の経営者として、一地球人としてじっくり考える一年にしたいと思う。

みなさま良いお年を。

サンタクロース

旭川空港にサンタ現る‼︎

IMG_1443

クリスマスの最終便。
ちょっとサプライズな演出に心が和みました。

メリークリスマス… 

SDカード

弊社では毎年、無事故無違反だった社員に少ないですが金一封渡しています。

今年はなんと全員が無事故無違反を達成!私が社長を始めてから初の快挙です(涙)

北海道は長く厳しい冬があり、夏は夏で取締りが厳しい。特に冬の事故は一番怖くて、気をつけていても事故する危険性があちこちに潜んでいるもの。

弊社は営業で走る距離が多い社員が多いので、今回みんなで達成できたことは非常に嬉しいです。

無事故無違反の人には、SDカード(Safe Driver)が与えられます。これは私がもらったカード↓
FullSizeRender

無事故無違反の年数によってカードの色が変わります。
FullSizeRender

SDカードの裏にはいつからいつまで無事故無違反なのかも明記されています。

FullSizeRender
↑私はちょうど5年が経過しました。

社員全員であと何日あと何年無事故無違反が続くか。がんばって続けていきたいと思います!

祝竣工

美瑛のお客様の竣工式に出席させていただきました。数十年お使い頂いた加工設備の更新工事です。

IMG_1282

この時期の北海道は若干寒いですが、空気がピリッとしてこのような式典は引き締まります。

IMG_1285

木材業界も厳しい一面を迎えておりますが、積極的な設備投資がお客様の事業を一層強化されることを祈っております。

ありがとうございました!
プロフィール

masamine_noda

記事検索
livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。
QRコード
QRコード