北の木工機械屋さん

北海道から世界を駆けるコーエキ社長のブログ。 仕事のことから私的なことまで何でも記録しよう!

海外のこと

幸福度世界1位

世界の国民性を描いた本を読むことが好きです。今まで読んだ本は…
『フランス人は10着しか服を持たない』
『5時に帰るドイツ人、5時から頑張る日本人』
『最後はなぜかうまくいくイタリア人』

「イタリア人はなぜかサングラスを夜でもかける、そして意味なく頭にかけてみたりする…」そうそうその通り!と思うことがある。

フィンランド人の気質や生活様式をうまく表現している本読みました↓

IMG_2216

幸福度ランキング世界1位のフィンランドです。“幸福度”の定義は数量で表せないので比較が難しいと思いますが、日本は58位だそうです。

フィンランド人と仕事を一緒にしたり、メールや電話でほぼ毎日やり取りをしているので、フィンランドは当社にとってとても身近な存在です。日本でも最近ムーミンがブームになっていたり、サウナも若い人を中心にブームになっています。日本でもフィンランドという国が身近になりつつありますね。一方で、フィンランドってどこ?地理的にはわからない人が多いのも事実ですね。

幸福度の定義はここでは、自分の人生が幸せに感じている人が国民の中でどれだけ多くいるか?ということだと思います。特にこの本の中で多く語られているのはフィンランド人の働き方。夏休みは最低一ヶ月休む、夕方3時も過ぎるとほとんどの人が帰宅する、といった働く時間の短さ。一方では仕事の内容が濃くプロフェッショナル意識が非常に高い。日本人との働き方の大きな差は、フィンランドは仕事の自由裁量権が広く、個としての責任感が強い。日本と比べると若い頃から仕事を任され、一人で動くことを求められ自分の意思で動く。日本人より“大人な”振舞いをしているように見えます。

休みの使い方もフィンランドではお金を使わずに過ごします。湖のそばのコテージで過ごす、家を自分で直す、もしくは自分で建てちゃう、狩りにいく、ベリーを摘みに行く、自然の中で過ごすことが多いですね。質素でシンプルな生活の中に幸せを感じている国だと思います。日本はどちらかというと旅行に行くとか買い物をして物欲に幸せを感じる人が多い気がします。

この本を読んで今の働き方や人生の価値観を考えさせられました。ステイホームなGWに本を読むのもいいですよね。

イタリアはまだ

新型コロナウイルス感染による各国の状況を私の立場から情報発信しております。感染による被害が大きい国のひとつであり、弊社も取り引きの多いイタリアについて今日は書こうと思います。

欧州の中で最も早く、そして最も深刻な被害を受けてしまったイタリア。「北イタリアで町が封鎖された」というニュースが報道され、まるで他人事のように聞き流していたら、取引先の機械メーカーがその地域に入っていて驚きました。その後も医療崩壊して医療関係者がテレビの画像で懸命に助けを訴える姿が映し出されているまさにその町は、二年前に出張で訪問した穏やかで歴史のある町で、その当時の風景とコロナで混乱する病院の様子とのギャップに衝撃を受けました。

3月頭には取引先の機械メーカーから「コロナ感染拡大のニュースが広がっていますが、会社は通常通りのサービスを提供しています!」というメールがまず届きました。その後も毎週のようにメールが入りますが、通常営業が徐々にできなくなり、工場の生産活動も急激に減っていく様子が伝わってきました。3月中旬くらいまでは、テレワークによる技術サポート、スペアパーツの出荷はなんとか行われていました。3月の最終週にはついに全ての部門が停止し、スペアパーツの倉庫も閉鎖になってしまいました。時を悪くして、弊社のお客様の機械が壊れてしまい緊急に部品を取る必要がありました。その時はアジアにいる営業マンやイタリアの現地スタッフが懸命に動いてくれて、部品の出荷をしてくれたこともありました(意外なイタリア人のチームワークに感謝!)。

イタリアの機械メーカーが今力を入れているのは、お客様の機械を遠隔操作によって機械診断をしようというもの。ヨーロッパを発信源としたインダストリー4.0の技術改革が進んでおり、最新の機械のインターフェースにはI oT対応のソフトウェアが搭載されています。機械のトラブル時にはリモートでのアフターサービスが受けれる態勢が整いつつあります。コロナ感染の状況下で更にリモートによるアクセスの需要が高まってます。

オンラインによるトレーニングを無償で提供しているメーカーもあります。普段は有償ですが、工場に行けない技術者のために自宅でトレーニングを受けてもらおうという取り組みです。機械ユーザーの取り込みにも有効ですね。

イタリアのロックダウンは4月2週目までの予定でしたが、延期されました。次の予定は5月の1週目になっています。企業は生産活動を停止せざるをえず、テレワークでの対応になっています。イタリアの中でも比較的被害が少なかった地域もあり、一部の企業の中からは早く再開できるよう求める声も上がっているようです。

日本では欧州のコロナ関連のニュースを見ることがめっきり減りました。アメリカが感染拡大の勢いを増していることと日本自体が感染拡大を食い止めることができなくなっているからでしょう。

日本は今が感染が拡大するか否かの分岐点に立っていると言えます。とにかく外出しないよう、人と接触しないよう気をつけましょう。

オーストリアは営業再開

前回フィンランドのコロナ対応を書きましたが、今日はオーストリア。イタリアのことを書こうかなと思っていたら、オーストリアの会社からメールが届き始めました。オーストリアは営業を再開したようです。

オーストリアはイタリアの北部と国境を接しており、日本ではあまり報道はされていませんが感染者が多く確認されていました。3月16日から続いていた制限措置が、先日4月14日から緩和されました。制限措置の間、欧州他国と同様に施設の封鎖、外出禁止が厳しく指示されていました。取引先も会社、工場を閉鎖し、自宅待機もしくはテレワークで仕事をしていました。機械のトラブルの際には、メールでのやり取りが可能でしたが、スペアパーツを発送するとなると全く対応してもらえませんでした。

今は会社は営業を再開したようで、弊社も受注していた機械やスペアパーツがようやく会社から出てくるようです。ただ、輸送会社が正常に機能しているかは未確認です。世界的に飛行機は大幅減便ですから。輸送期間は普段より長くかかりそうですが、いずれにせよ日本に向けて出発を始めました。

ちなみに、スペインも都市封鎖を緩和し始めたようです。取引先はあまりないのですが、数社から営業再開のメールが届いています。欧州各国も少しづつですが、良い兆しが見え始めていますね。

フィンランドの対応

新型コロナウイルス感染の影響が仕事上にも徐々に現れてきています。弊社で取り扱っている欧州の機械やスペアパーツの入荷に影響が出ております。お客様にはご迷惑をお掛け致しておりますが、世界的な情勢もご理解頂ければ幸いです。

弊社で特に取り引きの多い国の状況を少し知っていただければと思います。今日はフィンランドです。

<フィンランド>
日本ではほとんどフィンランドのコロナ感染のニュースを耳にすることはありません。感染者数が他の欧州国に比べると低いからだと思います。あまり知られていませんが、ヘルシンキを中心とした首都圏はいわゆるロックダウンしています。日本のような生ぬるい”要請”レベルではなく、NYやパリと同じ法律にのっとった首都封鎖です。ヘルシンキへ行き来する鉄道や道路は完全封鎖して警察が監視しています。期間は3月28日から4月19日まで(おそらく延期される)。フィンランド全土では会社は自宅待機を命じており、基本的には従業員はテレワークで仕事をしています。学校もお休み。多くの工場も生産を停止しております。

これが我々の仕事にどう影響するのか。例えば・・・日本で緊急にスペアパーツが欲しかったとして、フィンランドに連絡し何とか誰かに会社に行ってもらうとします。部品庫で部品の出荷の段取りまでしてもらい、運送業者が連絡してもらいます。でも、今度は運送業者が電話に出ない、取りにきてくれません。あちこち運送会社に電話しまくって、何とか取りに来てくれる運送業者を探して、部品を持って行ってもらっても、今度は空港が開いていません。首都封鎖ですから。飛行機も飛んでいません。世界的に飛行機の運行状況は通常の8~9割減です。週に何便か飛んでいる輸送会社の飛行機を何とか手配できても、日本にいつ届くかはわからない、そんな状況です。先日は、およそ3週間でやっと日本に届きました。

フィンランドは北海道と非常に良く似ていて、気候はもとより、人口や産業(林業主体)構成など類似点が多く挙げられます。フィンランドの人口はおよそ550万人、首都圏ヘルシンキの人口は170万人。一方北海道の人口はおよそ520万人、札幌圏の人口はおよそ200万人。似ていますね。コロナ感染者数は・・・フィンランドおよそ3000人、死者60人。北海道に比べるともちろん多いですが、他の欧州国に比べると全然少ないです。首都封鎖をして、国全体で外出を禁止してようやくこの低いレベルでなんとかコロナを抑えているような状況。日本は、北海道は、もう少し感染リスクの危機感をもって厳しく対応すべきだと私は思います。

フィンランドの機械部品に関しては、弊社である程度の在庫は持っていますので、それで現状は対応させていただきます。緊急な場合はできる限り対応しますが、現世界情勢もご理解いただければ幸いです。ご迷惑をお掛け致します。

イベント延期

各地で様々なイベントごとが延期や中止を余儀なくされていますが… 私の周りも他人事ではなくなってきました。

今月末に予定されていた中国の広州で開催される予定だったインターツムはもちろん延期↓

FullSizeRender

4月中旬に開催予定だった世界最大の家具展イタリアのミラノサローネも6月まで延期のお知らせ↓

FullSizeRender

5月末のイタリア・ミラノの木工機械展も延期が決定!↓

FullSizeRender

イタリアに取引先が数社ございますが、会社は通常通り営業しているようで安心しています。さらなる被害が出ず早く収束することを願うばかりです。

伝え方

今月はフィンランドから技術者が来ておりました。先月も別のメーカーですがフィンランドから技術者が来ておりました。毎月忙しいですが、当社の取り扱う商品にフィンランド製が増えている証拠ですね。

IMG_1840

日本とは言語も文化も違いますが、仕事のこと特に機械の話になればお互いに“共通言語”が存在し英語なんていりません。技術がモノを言います。

IMG_1851

とはいえ、外国の人と一緒に仕事するのは大変。コーエキのスタッフがいつも介在し、お客様や協力業者さんとの橋渡しをしています。大切な役割です。

ヨーロッパの機械は高性能で生産性も高いですが、オートメーション化が進み高度な技術や知識が要求されます。当社もその技術に追いつけるよう日々勉強です。


英語の勉強も大事ですね。外国からメーカーさんが来る度に思います。ヨーロッパの人だって英語は第二外国語ですから、みんなが英語を流暢に話すわけではありません。でも外国の人は喋ろうとする。
何が違うのか…外国人は伝えよう伝えようと話しますが、日本人は間違えないよう間違えないよう話しますね。何が大事か…伝えることが大切ですよね。

寄稿

先日ドイツのハノーバーで開催された木工機械国際見本市“リグナ・ハノーバー2019”

ウッドファストさんに私の記事が掲載されました。興味ある方はご一読ください。

www.woodfast.net
FullSizeRender

乱筆乱文ご容赦ください…

業界紙

コーエキが定期購読している業界紙↓
IMG_9322

業界ごとに違う業界紙を読むのは面白い。
他業種の人から見たら、けっこうマニアックな業界紙なんでしょうね。

さらにマニアックな海外の業界紙↓
FullSizeRender

世界中の林業、製材関係の情報がみっちり。

FullSizeRender

そんな雑誌にコーエキが手掛けたプラントの記事が掲載されていました。日の丸付き。

コーエキの名前は残念ながら載っていませんが、英語の記事になるとちょっとカッコいい…気がする。

フィンランドの製材工場

ドイツの後はフィンランドへ!

IMG_8975

日が長ーく長ーくなって日没は夜10時過ぎでした。(ちなみに今週22日は夏至祭ですから、陽が落ちない白夜です!)

バーカーのVK社のアテンドでお客さんと製材工場を見て回りました。

IMG_8694
今年導入したての新しいVKバーカーです。VK8000はVKバーカーの最上位機種。最大速度150mは圧巻です。速度だけじゃない、機械のつくりが重厚で壊れる気がしません。

IMG_8673
製材機械はヘイノラ製です。

IMG_8680
オペレーター室はモニターだらけ。オペレーターさんは外の機械を見ないで監視モニターとPCの画面しか見ていない。工場で操作しなくてもいいのかも⁉︎ 自宅で在宅操作する日も近いのでは⁈と想像する。

2日間の日程で5つの製材工場を見学。

IMG_8824
こちらも新しいVK8000バーカー。
ローターが2個にバットエンドリデューサーというフルスペックモデルです。機械が大きく頑丈な構造のためか、機械稼働中の音が静か。丸太が入っているのかわからないほど切削音が気になりません。ヨーロッパでは騒音レベルも安全基準上厳しく規制されています。

IMG_8878

学校の体育館のようなどでかい乾燥機。これはヘイノラ社製です。

今回訪問した製材工場はどこも計画的に設備投資を行なっており、段階的に生産量を増やしていました。フィンランドの製材工場は工場数自体は減少していますが、国全体の生産量は変わっていません。

IMG_8786
(フィンランドのサウナ↑毎晩楽しみました)

フィンランドでは、山の伐採から製材工場に丸太を運ぶまでのシステムをIoTを使って合理化し、製材工場もオートメーション化して徹底的に省人化しています。

製材にかかるコストが日本に比べて安い。そしてバイオマス発電が地域ぐるみで行われていてチップオガコの価値が日本とは違う。北欧から学ぶことは多いと感じました。

リグナ2019 その参

リグナレポート最終回です…

IMG_8518

製材機械メーカーが集うホール25は、大きな機械が展示されています。こんな大きく重い機械の搬入搬出は大変なんだろうなと想像する。写真の機械は1800径のクォードバンドソー。

弊社が総代理店するVK社は、バーカーを2台展示しました。VK100という100cmまでの丸太をむける機種とVK8000というVKバーカーの最上位機種。

IMG_8461

VK100は、ローターが昇降するタイプのバーカーですが送りスピードが速い。マックス45m/min!VK8000は、送りスピードマックス150m/min‼︎

日本ではあまり導入されていない欧州の製材機械ですが、技術開発のスピードは早く、その信頼性は揺るぎないものになっている印象を受けます。

IMG_8523

強いメーカーは更に強く、技術開発や工場設備に人と資金を注ぎ込んで、またさらに強くなっていく。木工機械業界だけでなく、どの業界でも同じでしょうね。

最後にもうひとつ。
IMG_8526

丸太のX線スキャナーが流行っているようです。リグナの後フィンランドに行きましたが、選木機にX線スキャナーが採用され始めていました。昔は鉄砲の弾を見つけるために内部まで見れるX線を使っていましたが、今は丸太の段階で等級分けするために使うんだそう。

技術が進めば商品の多様化や差別化にも役立ちますね。

FullSizeRender
(“ドイツのピザ”↑)

リグナ展ではここで紹介しきれないほどたくさんの機械が展示されていました。日本のお客さんにそのままヨーロッパの機械が当てはまることは稀で、そこに日本の技術や思想を取り入れなければなりません。弊社の仕事はそこにあると思っています。これまで以上に情報収集と技術習得に励んでまいります!
プロフィール

masamine_noda

記事検索
livedoor 天気
QRコード
QRコード