北の木工機械屋さん

北海道から世界を駆けるコーエキ社長のブログ。 仕事のことから私的なことまで何でも記録しよう!

映画のこと

仕事納め

本日をもちまして、2015年の営業を終了致しました。
年明け2016年は、1月6日より通常営業致します。

本年もお取引先の皆様には大変お世話になり有難うございました。
お客様から頂いたお仕事は一つ一つ真摯に取り組んでおるつもりですが、至らぬ点もありご迷惑をお掛けしました。2016年は、弊社一丸となって気を引き締め直して業務に邁進していく所存です。変わらぬご愛顧を賜りますようよろしくお願い致します!

話変わりまして、今年一番の映画はこれ!☟
sugihara_thumb_sahikae2





























日本の歴史の中で、日本人でありながら、意外と知らない偉大な日本人。

外交官というと、いかにも堅苦しく融通が利かない役人のイメージがありました。

第二次世界大戦の各国の利害が複雑に絡み合った中で、日本の立場も戦況も苦しくなる中・・・ 迫害されたユダヤ人にひたすらビザを発給し続けた外交官の話しです。

普通の外交官だったら、いやもし自分が同じ立場だったら・・・ 彼のような行動は絶対に取れないだろうな。

本国の正式な許可を得ないまま、ビザを発給し続ける、領事館を出た後も、滞在先のホテルでひたすらユダヤ人にビザを発給し続ける。

その姿は、まさに信念の人。

自分の仕事を、信念を貫き通して全うする。
その姿勢に感動しました。

ケアロボット

今朝のニュース番組、介護報酬引下げの議論をしてました。

介護報酬引下げ→介護職員の給与水準低下→要介護高齢者更に増加→介護職員不足→”介護難民”→”介護離職”増・・・・・ どう見ても悪循環。。。

介護難民” ”介護離職”など聞きなれない言葉が飛び交います。
「10年後には介護職員が70万人不足する」??!!

1412131164_1





























「冬休み中に連れてってね」と子供たちと約束した映画『ベイマックス』。
もう来週から学校始まる、ギリギリ約束果たした・・・

ディズニー映画は好きで、新しい作品が出るたびに子供と見に行ってます。
前回は、爆発的大ヒットの『アナ雪』。子供は見てから毎日熱唱・・・

ベイマックスは大ヒットにならないかもしれないが、ストーリーはいい。
とてもいい。

ベイマックス、人の健康を守ってくれるケアロボット。
容姿を見ているだけで、やさしい気持ちになる。
心温まる映画のひとつになりそう。

10年後にベイマックスのようなケアロボットが70万台必要なのか?!

祖母がお世話になっているグループホームには、心優しい献身的な職員さんがたくさんいます。心身ともにストレスある仕事だと思いますが、仕事なのに奉仕精神を兼ね備えていて、その献身的な仕事ぶりには頭が下がります。

ベイマックスの必要ない世の中にしたいものです。

An Inconvinient Truth

PCにダウンドロードしていて、すっかり忘れていた映画を観ました。
アメリカ元副大統領ゴアが警鐘を鳴らす地球温暖化問題がテーマです。
日本で2007年に公開されたので、今頃話題にするのはどうかとも思いましたが・・・

この映画で印象的なのは、ゴアが65万年の自然周期のグラフの前で、現在のCO2濃度が300ppmをはるか超えてしまっていること、更には今後50年以内にCO2濃度は想像もつかないほど急上昇するということを説明します。
ゴア

そしてこう言います。
「Ultimately this is not a politial issue, so much as a moral issue. If we allow that to happen, it is deeply unethical」
 (結局は、これは政治の問題である前に、モラルの問題である。この上昇を許すことは、極めて倫理に反することである)

深刻な環境問題を作ってしまった我々の責任は重大です。今を生きる私達の使命は、私達の子供達、その子供達、そのまた子供達に、今ここに存在する美しい地球を残し続けることです。
livedoor プロフィール
記事検索
livedoor 天気
QRコード
QRコード