北の木工機械屋さん

北海道から世界を駆けるコーエキ社長のブログ。 仕事のことから私的なことまで何でも記録しよう!

木のこと

来週のお知らせ!

全国的に暑い日が続いていますね!

今年もやってまいりました!
旭川の『森林の市』!

FullSizeRender

イベント盛りだくさんでお待ちしてます!

とき: 7月29日(日)
ばしょ: 旭川林業会館

旭川家具の可能性

旭川デザインウィーク真っ只中です!

昨年リニューアルした“旭川デザインセンター”にお邪魔しました。私はリニューアルしてから初めて足を踏み入れました。

IMG_3298

入口のデザインは毎年全く違い 入場者を楽しく迎えてくれます。今年は 白い風船の集合体の
モニュメント。面白い。

IMG_3303

旭川を代表する家具メーカーが各社趣向を凝らした出展をしています。

IMG_3308

ただ家具を並べるのでなく 空間そのものを提案した展示が目につきます。

IMG_3307

青い木片の絨毯の先には何が?
見るものの想像を掻き立てます。

IMG_3311

新製品や新しいブランドを紹介する場でもあります。

デザインセンター以外に 各社自分の工場で展示会を開いています。道新にも紹介されていた大雪木工さん。

IMG_3327

身の回りにあるものを突板にしてみました。

IMG_3332

和紙、アルミホイル、デニム、から 靴下、ワイシャツ、子供の絵 まで…

試行錯誤の中から新しいものが生まれてきそうな予感。既成概念から解き放たれた時に 化け物が生まれることってありますよね。

旭川家具の可能性をまだまだ感じる展示会です。

旭川デザインウィーク2018

今日から旭川デザインウィークが始まりました!
IMG_3291

デザインウィークに先立ちまして、昨晩はお客様の50周年記念パーティに出席致しました。

旭川の家具業界を牽引してきたカンディハウスさん。先代創業者の理念を受け継ぎさらに発展を続け、今の時流に合った理念や生産、そしてデザインで攻めの経営を続けています。アメリカに始まり、ヨーロッパ、最近ではアジア各地に拠点を構えて旭川の家具を広めています。

IMG_3288
50周年記念ケーキ。

パーティは、音楽、スライド、食事とどれも趣向が凝らされています。さすがデザインを重んじる会社。どれもオシャレでカッコいい。

IMG_3289
常に先の将来を見据えて、新たな理念を掲げて次々と攻めに打って出る経営のスタイルは、見習いたいところです。

こんな素敵なパーティを企画準備するのはものすごい時間と労力がかかったと思います。スタッフも素晴らしい!


元気な家具屋さんが集まる旭川デザインウィークです!みなさん足を運びましょう!

FullSizeRender
弊社も陰ながら応援しています!




“地元自慢“当麻町

お隣町の当麻町が夕方のNHKニュースで紹介されました。地元自慢というコーナー。普段は仕事で見ることがない時間なのでしっかり録画しました。
FullSizeRender
当麻町は林業・木材加工業に力を入れていることで有名な町。身近な例で言うと、家を建てる時に町産材を使うと補助が出たりします。最近建てられた役場にも木材がふんだんに使われています。

弊社も当麻町のユーザーさんにはお世話になっていますので、何かテレビで出ないかな〜と期待して見ておりました。
FullSizeRender
早速!デンスケスイカだ!
ではなくて、その右端の緑の機械。弊社で納めた選木装置!森林組合さんにお世話になっております…

続いては
FullSizeRender
弊社で加工機械を一式納めさせていただいた”くるみなの木遊館“さん。小さい子供がいる家庭はみんなお世話になってます。木のおもちゃは子供にやさしいですよ。

ということで、ほんの数分だけでしたが弊社の関わりが少し垣間見れて良かったです!

旭川駅x旭川家具

出張でよく使う旭川駅。
札幌に向かう電車に乗り遅れ、1時間半ぽっかり空いてしまった。
駅構内をぷらぷらしていると、色々な種類の家具が置いてあることに気づきました。

2018-05-22 20.55.06



















こんな立派な高級家具が!
何気なく置かれています。
椅子の種類も豊富。

2018-05-22 21.08.35



















一目見て、どこの家具かわかったあなたは、旭川家具マニア。

まだまだあります・・・
2018-05-22 21.07.57




















学生がコンビニのお菓子を広げてお勉強なのか、雑談なのか・・・
高級家具だということに気づいていない・・・いや、気づいているのか。

2018-05-22 21.05.02



















旭川市民だけでなく、旭川を訪れる全ての人に旭川家具を知ってもらいたい。
最高のショールームですね。

2018-05-22 21.05.57



















来月はいよいよ「旭川デザインウィーク」が始まります。
そろそろ盛り上げていきたいですね!

みなさんも旭川駅で旭川家具をぜひご覧になってください!

きらりん

子供のピアノの発表会がありました。

IMG_2607
(樹齢300年のエゾマツ↑)

会場は、旭川の『木楽輪』。
木楽輪と書いて “きらりん”と呼びます。
地元で愛される小さなコンサート会場。

建物の内外装に木がふんだんに使われてます。
木と音楽は相性がいいのでしょうか。

IMG_2618
構造材には、カラマツの集成材。
IMG_2620
家具はもちろん旭川家具メーカーさんのもの。

さて、肝心のピアノの演奏は⁉︎
IMG_2624

習い始めてまだ一年半。初めての演奏会でしたが、ミスもなく上手に弾けました‼︎ (本番に強し!) ←親バカでごめんなさい

業界新聞で紹介されました

連日 平昌オリンピック盛り上がってますね!
日本人選手の活躍に目が離せません。

私個人的には、スピードスケート500の小平選手、ノルディック複合の渡部選手の走りとメダルに感動しました。

今日は地元旭川のスノボで竹内選手が登場します。
ぜひメダルを取って欲しい!

さて、今週の日刊木材新聞に弊社の記事が載りました↓

20180222120428385_0001






















フィンランドのヘイノラ社のドラムチッパーです。

製材工場用とバイオマス用の2タイプを用意しています。

メリットを簡単に言うと、
①コンパクト!(従来のディスクタイプより小さい)
②投入口が大きい!
③チップサイズが均一!
④メンテが楽!
⑤頑丈!

北欧では長年の実績と信頼を得ている機械です。
興味ある方はお問い合わせくださいね!

2018年始動

明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します。

image


例年通り、木材業界の新年会で始動です。

2018年この業界の話題は
森林環境税の創設
林業大学校の創設
森林整備補助事業
CLTの認定
などなど
前向きな話題が多い一年です

image


日本経済は、世界経済の好況につられて
株価高、円安でスタートしました。

2018年は良い年になりそうです。
日本では天皇交代を控え、
2020年には東京オリンピックもあり、
ここまでは上向き傾向との楽観論が広がってます。

この二年間で稼げるだけ稼がねば、そんな言葉が頭に残った新年会でした。

image


鏡開きの樽も増え、枡も配られました。
この勢いでこの一年仕事に邁進します!

宜しくお願い致します。

マルチレース2号機

先月末から今月にかけて、旭川の家具メーカーさんに機械を納入させて頂きました。

昨年末にもブログで紹介した『CNCマルチレース』、2号機の導入です。
今回もイタリアから2名の技術者を呼び機械を立ち上げました。

15



















組立中は、部品があるとかないとか大なり小なり色々ありましたが・・・比較的順調に進み、当初の予定よりも早くに機械は組み上がり、トレーニングに入りました。

07


































機械前面のガラスは、お客様が用意したメッシュ入りの防火ガラス仕様。
刃物や材料が飛んできても、万が一火事になっても(?)大丈夫。
オガ粉が付着して見えづらくなることもありません。

お客様にとっては15台目のNCマシン。
往年の日本の機械から、最新の外国の機械工場にびっしり並んでいます。

56



















左列に今回と前回導入したNCマルチレースが2台、右側にPADEのNCが2台。
最新のイタリアのNCマシンが整然と並べられました。
通称”イタリア通り”または、”コーエキ通り”(勝手にスミマセン💦)!

2台目の機械なのでトレーニングは順調かと思いましたが・・・加工精度を上げるためのプログラム作成には時間を要しました。CADのプログラム、ポスト、機械のパラメーター、刃物の設定・・・各ソフトの要素が上手く噛み合って、はじめて仕上がりいい部材が加工されます。

20



















レベルの高いNCマシンだと思います。

ヨーロッパでは、ライフルの銃身、靴の木型を作るためにこのNCマルチレースは使われています。今回、家具用に導入いただきましたが、日本で従来の”コッピング”を使っている家具メーカーさんには、このNC制御の”コッピング”は今の時代に合った機械かもしれません。

今流行りのIoTにも対応しており、インターネットを介して、例えば生産管理のPCやタブレット、スマホに接続して、機械の稼働状況、生産レポートを見ることができます。高度なソフトを用いれば、機械の操作まで遠隔でできるよう。

いずれは、オペレーターが機械の目の前で操作ボタンを押さなくても、遠隔で機械を稼働する、そんな世界が広がってきそうです。IoT、AI、インダストリー4.0などの言葉が盛んに叫ばれていますが、まさにそんな時代に合った機械です。今回のNCマシンを加工の中心にし、ロボットを利用して自動化ラインを組む、そんな”スマートファクトリー”が家具業界に誕生する時も近いと感じます。

据付の期間中はイタリア人ともどもお客様には大変お世話になりました!
ありがとうございます!

旭川スイーツ x 旭川家具

旭川の老舗のお菓子屋さん「壺屋」さん。

image


北海道産小麦を使ったバウムクーヘン「リスのテーブル」。おいしい。しっかりした食感と香りが絶品のスイーツです。

image


お菓子の袋をよく見てみると、旭川家具とのコラボ商品でした。

知っていますか?
『ここの木の家具・北海道プロジェクト』

image


地元の木材で家具を作る。当たり前のようで実は難しい現実があります。

緑豊かで森林資源に溢れているようにみえる北海道でも、実は家具で使う木材のほとんどはアメリカなど外国から輸入しています。

その昔、北海道に豊富にあった広葉樹はヨーロッパなどに多く輸出してしまった。結果気づいたら、使える木材が周りになくなってしまったいた。そんな歴史が北海道にはあります。

もう一度 北海道に森を蘇らせ そこで生まれ育った木材で家具を作りたい!素晴らしいプロジェクトだと思います。

森林を作るには長い時間がかかります。自分の時代には実現しなくても、子供たちの世代にはこのプロジェクトが成功してほしい、そう願います。
プロフィール

masamine_noda

記事検索
livedoor 天気
QRコード
QRコード