北の木工機械屋さん

北海道から世界を駆けるコーエキ社長のブログ。 仕事のことから私的なことまで何でも記録しよう!

家族のこと

スポーツの秋

秋晴れの気持ちのいい週末でした。
日中の気温も20度を超えました。
でも北海道のアウトドア活動もそろそろお終いかな。

秋分の日、子供たちとサイクリングを楽しみました。
34



















毎年秋に開催される、お隣り美瑛町の”美瑛センチュリーライド”。
2日間で160kmを走破します!(1日目60km 2日目100km)

今回は一日だけ、60kmを走ります。
美瑛町は別名”丘の町”。
アップダウンのきつい坂は自転車乗り泣かせ。。。

53



















一番遅いゴールでしたが、子供たちと無事完走できました。
秋の移りゆく景色を存分に満喫しました。

日曜日。
地元旭川のマラソン大会。
仕事関係の人もたくさん走ってましたね
02-1



















ハーフ(21km)には、”公務員ランナー”川内選手が見事優勝でした!
本気の走りはめちゃくちゃ速かった。

私は、子供たちとファミリーラン3kmを走りました。
07



















6年生の娘とは最後の走りになるため(涙)、1位目指して全力疾走!
のどかに走る親子ランナー達を尻目に、大人げない走りで見事1位(たぶん)!
ファミリーランは記録をとらない為、あくまで自称1位ですが。。。

カッティングボード

9月に入りすっかり涼しくなった北海道。
カラッと晴れた日曜日になりました。

いつもお世話になっている旭川の家具メーカーさんの家具フェアに行ってきました。家族サービス兼ねて子供連れて。

image

アウトレットの掘出し物目当てでしたが、ショールームの家具が見せ方もキレイで気になります。

日本人は家具にお金をかけることをしない、と家具メーカーさんは仰っていました。家具を使うようになって歴史も短い日本。欧米のように家具を大事にする文化はまだまだ根付いていないようです。

結局家具は買えず、、、
外の手作りイベントで"カッティングボード"を作りました。一枚の板をヤスリで磨いて、自然塗料を何度も塗り込みました。

image

いい味出てます。
子供の"マイまな板"になるようです。

積丹ブルー

小樽から西へ、余市を過ぎてさらに西へ行くと、積丹半島です。

積丹を訪れるのはこれが初めて。楽しみです。

積丹が有名なのは、その風光明媚な景色にあります。
27



















その名も「積丹ブルー」と呼ばれる海の美しさが人々を魅了します。

上の写真は、島武意海岸。
日本の渚100選のひとつだそう。

泳ぐにはちょっと寒かったのが残念。

続いては、「神威岬」↓
10



















こちらもコバルトブルーの海がきれい!

灯台がある岬で、駐車場から約30分狭い一本道を歩きます。
その昔は、”女人禁制”の地だったそうです。

積丹の魅力のもう一つは・・・

ウニ!
37
















ウニ三昧の料理堪能致しました。。。

マッサンのウイスキー

今年の夏休みは、積丹(しゃこたん)半島まで行ってきました。

旭川から高速に乗って、小樽で降りて西へ少し走ると余市です。

余市といえば、NHKの朝ドラで大ヒットした『マッサン』のニッカウヰスキー工場があります。ウイスキー自体はそれほど好きではありませんが・・・ ガイドツアーにのって一通り工場見学してきました。(子供の自由研究のためにも)

ボトルのラベルでもお馴染みのこの髭のおじさん。
ウイスキーの利き酒をする有名なスコットランド人。
その名も”キング・オブ・ブレンダー”
51_R
































世界でもこの余市の蒸留所だけが行っているのが、石炭を使って直火で蒸留する方法だそう。
創業以来変わらず、現在でも同じように作られている。
石炭を使うことで、より濃厚でコクがあるウイスキーが生まれるとか。
36_R



















広い敷地の至る所にある貯蔵庫。
一つの貯蔵庫に何百もの樽が眠っています。
38_R



















さて、クイズ。
「樽に使われている木材の種類は?」
木材業界の人には常識的な問題ですね。(答えは↓)
36_R



















「ナラ(オーク)」です。
その中でも、日本では”ミズナラ”を使います。

マッサンと妻リタが苦労に苦労を重ねて、ようやく完成したウイスキーがこちら!↓
56_R
































ウイスキーにあまり興味がなくても、そのストーリーを聞いただけで感動します。
ボトルの中身が少し減っているのは、誰かがこっそり飲んだわけではありません!
昔はキャップの作りが悪くて、少し気化してしまったそう。

マッサンとリタが住んでいた家(復元)もあります。
01_R



















一通り見学が終わると、ウイスキーの試飲ができます。
”ピュアモルト”、”スーパーニッカ”、”アップルワイン”の三種類。
08_R
































お酒が好きな人は、ストレートで飲むそうですが、私はお酒に弱いので・・・オススメの飲み方に従って割って飲みました。

でも、やっぱり酔っぱらいました。。。(顔真っ赤)

積丹の話は続く・・・

今年の目標

新春初滑り!
今年に入って雪も少なく穏やかな日々。
パウダースノーがいいね。
43













お客様の廊下に貼ったあった言葉。
02


































自分の姿を見透かされているような気がしました。

「好きなの持って行っていいよ」
そこの社長さんが言ってくれたので、遠慮なく廊下から剥がしてもらってきました。。。

今年の私の個人的な目標。
「英語のブラッシュアップ!」

社員は毎週の英会話教室頑張っている。
貿易担当者にもTOEICを受けさせた。

社長も英語をもっと勉強すべきでしょう!
ということで、早速申し込みました。
17
















試験を受けること自体10年は遠ざかっている。。。
少し不安ですが、目標がひとつできてモチベーション上がってます↑

旭川家具フェスタ

夏らしい日曜日も 今年は今日で最後かなぁ。

旭川家具のお客さんのイベントに行ってきました。
image

プライベートで訪問するのは初めてかもしれません。
いつ来ても、洗練された素敵な空間。

仕事では何度もお邪魔しているショールームですが、子供と一緒だと見る目が変わります。
image

我が家を想定して座っている子供たち。。。
image

おっちゃんこして(これ北海道の方言:"きちんと座って"の意)、寛いじゃっています。すいません💦我が家より居心地が良いようで。。。
image

会社の歴史も 「ヒストリールーム」でしっかりお勉強させて頂きました。
創業家の理念が今もしっかり根付いています。

この9月で48周年を迎えるそうです。
おめでとうございます!

image

外は出店で賑わってました。
家具は買いませんでしたが、、、今夜のBBQの食材を買い込みました。
おとなり当麻町の農家さん。
どの野菜も甘くて美味しかったです。

夏休み パート2

知床パート2です。

”ウトロ”から”羅臼”を結ぶ知床横断道路(冬期間は長い間閉鎖されます)を走ると、手つかずの自然を楽しむことができます。

知床峠から望む景色もきれい。

DSC02179

















遠くに浮かぶ島は、どこでしょう??

DSC02175

















北方領土

日本が返還を求む北方領土をこんなに間近に見ることができます。
ほんの目と鼻の先が、現在はロシア領。
実際に島を間近に見て、その大きさに正直驚きました。

北海道の端の端にあることもあり、日本人にとってその存在が軽視されていますが、自分の目で見てその存在感に事の大きさを知りました。

DSC02189

















羅臼から船で25kmの距離に国後島があります。
船で行ける距離は、その半分の12.5km。
見えない線が日本とロシアを分断しています。

日本の領海ギリギリまで船で進みます。
そして、そこにいるのは!

DSC02260

















だ!
マッコウクジラです。

斜め45度方向に潮吹きするのが特徴だとか。

DSC02270

















息継ぎを十分に行って、再び潜水する時に尾びれを高く掲げます。

DSC02273

















こんなに間近に見れてラッキーでした!
この瞬間を見るために2時間以上も海を彷徨っていたんですよ。。。

クジラの他にも、イルカもいました。
小樽水族館のイルカショーではないイルカを初めて見た。
この大海原をジャンプするイルカたちは自由そのもの。

領海だとか、国境だとか、彼ら動物には関係ありません。
人間は、どうやって、何のために、この海原に線を引こうとしているのでしょうか。。。

夏休みおしまい。

夏休み パート1

世界自然遺産『知床

世界遺産に認定されてから初めて行ってきました。

まず、”ヒグマ生息域”に入るための厳重な講習を受けなければなりません。

DSC02087














「もしヒグマに遭遇してしまったら・・・」を前提に、”ヒグマが近づかないように”、”ヒグマを見かけたら”、”ヒグマが突進して来たら”、”ヒグマに襲われたら”・・・ 危険予知を徹底的に叩き込みます。

「ヒグマに遭ったら、死んだふりをしましょう」
とは教わりませんでした。。。

最終的には、「自分の身は自分で守る!」
結局は、自己責任のようです。。。

DSC02099

















さあ、”知床五湖”出発です!
天候にも恵まれました。

DSC02101

















絶景です!
知床連峰が湖に映えて美しい。

知床の自然をお楽しみください。。。

DSC02123


















DSC02141

















世界遺産になる前には無かった「高架木道」なるものが出来ていました。

DSC02155

















世界遺産になってから人がたくさん訪れるようになり、自然が破壊されるのを怖れての対策です。高架なので、ヒグマもよじ登れません。安全です。

高架木道に使用されているのは防腐処理された木材です。
大自然には、自然の材料がよく溶け込みます。

知床散策は 次につづく。。。

びえいマラソン2016

我が家では毎年恒例となっております
『丘のまちびえいヘルシーマラソン2016』
今年も子供達と走ってきました。

image


本日は快晴。
気温も最高26℃とここ数日間で最も暖かい。マラソン日和です。

image


丘の町 美瑛

十勝岳連峰を間近に眺めながら、色とりどりに彩られた丘陵の真っ只中を走り抜けます。

image


国内のマラソン大会の中でも、最も美しい風景が見られる大会のひとつだと思います。

沿道の応援も温かい。
ボランティアの方々も優しい。

image


美瑛町の高校生が大会の至る所で陰でサポートしていました。テキパキとした仕事ぶり、元気の良いあいさつは素晴らしかった。

走ることも楽しみですが、大会を支えるサポートの皆さんに感謝ですね。

また来年も気持ちよく走りたい!そう思います。

旭川の冬まつり

2月なのに昨日から雨降りの旭川。
気温もプラスに上昇。
極寒の2月はどこ行った?

先週末から旭川では冬まつりが開催されていました。
札幌の冬まつりが有名ですが、旭川も大きんですよ。
来場者数 札幌がざっくり200万人とすると、旭川は100万人。
おかげで観光客でホテルはいっぱい、夜の街も飲食店は行列ができているお店もちらほら。
大盛況です!
image

実はこの冬まつりには地元の人はほとんど行きません…
小さい子供がいる家庭くらいかな。
たぶん寒いからでしょうね。一番寒い時期ですから。

今回は機械の据付でイタリアから技術者が来ているので、せっかくだからと娘三人連れて久しぶりに行ってきましたよ!
image

雪像はいつも時代を反映しています。
これは、スターウオーズ。
あと、ミニオンズ(実は知らなかった)や、旭川のゆるキャラ"あさっぴー"、ラグビーの五郎丸などなど。
image

子供たちのお楽しみ、巨大滑り台。
年々進化しているようです。
長さ100m超!速い!

雪像の他に"食べマルシェ"の小さいバージョンのような屋台がたくさん並んでいて食欲をそそります。士別の"ジンギスカン"と"ホットワイン"を堪能しました(ホットワインはイタリア人だけ)。体の中はあったまったが、外なのでやっぱり手足は寒い!!

日本のような雪像や氷像は ヨーロッパにはないようで、一緒に行ったイタリア人は感嘆の声をあげっぱなし。私も楽しめました。
livedoor プロフィール
記事検索
livedoor 天気
QRコード
QRコード