イタリアから、野を越え 山を越え。。。
ドイツに向かって北上します。

DSC01825



















アルプスを越えます。

スイスでは、”箱根”登山電車に乗りました☝
スイスの登山鉄道と姉妹提携しているんですね。

DSC01837


































『世界の車窓』に出てきそうな絶景。。。
(というか、実際に何度も出てきている風景だ!!)

寄り道はここまでにして・・・

今回の旅の目的は、ドイツの木工機械展。
ニュルベルクで開催です。

DSC01892



















世界最大の木工機械展であるハノーバー展に次ぐとも言われている。つい最近までは、ミラノ展が2番手と言われていたが、イタリア国内メーカーのミラノ展からの離脱や長引く不況の影響で衰退してしまった感がある。

このニュルンベルク展は、上記2展にはない活況さがあるとの前評判だった。
「ハノーバーのような大型機はないが、小型の木工機械が多い」
「大工さんや小さな工務店さん向けの機械が多い」
「狭い会場に所狭しと機械が並べられ、通路は人が通るのがやっと」
などなど事前情報は得ていた。。。

実際は!

DSC01852



















評判通りの人の多さ!
人を避けて通るのでやっとです。

DSC01846



















デモも豪快です!(というか危険!)
地元ドイツ人のビジターが多かった。
仕事帰りや仕事中に抜けてきたような作業服の人や、木工の専門学校で学ぶ学生さん、そして大工さんと 皆熱心に機械を見て触ってました。ただ眺めるだけの展示会ではなく、自分の手で試せる場の多い展示会ですね。

木工機械の展示の他には、木製やアルミ製のサッシ、ドア、金具類など 資材関係の展示も多くスペースを取っていました。そして、最近のIT化に対応するソフト関連の会社も多かった。

DSC01867



















展示会の開始時刻が10時からとなぜか遅い。
でも、その理由は夜になってわかりました。
(夜の終了時刻は7時と遅い)

夕方近くから各メーカーブースでパーティが開催される!
もちろん、みなドイツビールを飲む!生演奏もある。
☝はライツさんのブースでのパーティ。
ごちそうさまでした。。。