PADE社は、ミラノから車で約30km、コモ湖に向かって北上するとその途中の工業地域、キャビアテ(Cabiate)に位置しています。

27

















同時5軸制御
CNCワークセンターは、イスなどの複雑な加工をいとも簡単に、そして高速でこなす優れた機械。3次元CADを使って立体的に機械の軌道を作ることができ、加工の柔軟性が高いのですが、その一方でちょっとした弱点がこれまでついて回りました。

DSC01848














それは、"機械の干渉"です。
プログラムの作成ミスなどにより、刃物のついたスピンドルヘッドが、加工テーブル、クランプ、治具、材料などに衝突することが起きます。超高速で動く機械ですから、衝突時の衝撃は激しく、位置や角度が悪ければ機械が壊れてしまいます。

この衝突を防ぐためにこれまで様々なシュミレーションソフトが開発されてきました。シュミレーションソフトは10年前にはありませんでした。このソフトの開発が進んできたのはここ数年のことですね。

DSC01844














そして最近開発されたシュミレーションソフトがこれ!

「E-lab」
イーラボ)です。

DSC01847














実機で加工する前に、事務所のパソコンで実際の加工プログラムをシュミレーションします。衝突があればこのソフトが指摘してくれますし、刃物の形状、クランプの位置なども実機に近い形で確認することができます。難しいプログラムコードが読めなくても、”視覚的”に加工プログラムを作成編集が可能です。

すばらしい!!!

DSC01917

























ソフトは事務所用に1台、そして機械の操作用PC1台に入れることができます。機械で実際の動きを確かめながらその場でプログラムを編集することができるので、無駄な時間が省けますね。いいことばかり!

PADE5軸CNCを購入されるお客様には、ぜひこのイーラボも使ってほしい!(オプションですが・・・)