北の木工機械屋さん

北海道から世界を駆けるコーエキ社長のブログ。 仕事のことから私的なことまで何でも記録しよう!

2017年05月

リグナ開幕

二年に一度の世界最大の木工機械展『リグナ・ハノーバー』が今年も開催されました。

毎回ホテルの確保には苦労します。
ハノーバーの中心部のホテルはほぼ予約でいっぱい。
価格も通常の3倍はするでしょうね。

今回宿泊したホテルは、ハノーバー中心部にほど近い緑豊かな公園に隣接したビジネスホテル。展示会場へはトラムの乗換えが必要ですが環境は静かで良かった。有名な動物園もすぐそばでした。

39


























今回のリグナ展は、レイアウトが少々変更になりました。
53



















例えば、VK社など大型製材機械が集まる”製材の館”はいつもは27号館でしたが、今回は25号館。PADEなどの木工機械メーカーはいつもは12号館でしたが、27号館へ。電動工具が集まるホールも、バイオマス関連もいつもと違う場所にあり、初日は少々戸惑いました。

さすが世界最大規模の展示会。
今回も各メーカーが新商品を次々と発表。
34



















VK社は、高速タイプの大径木対応バーカーを発表。
44



















新モデル『VK100』
100cm級の丸太を、最大45m/minのスピードでむくことが可能。
アームの形状が特徴的。


全てのブースを見るつもりで精力的に歩き回りました。
世界中の機械に触れるのはいつも勉強になります。
25



















超大型の機械があちこちに展示されています。
09



















日本では想像できないような巨大製材工場では、丸太選別をクレーンで行います。その操縦室↑ 港湾のコンテナクレーンのようなイメージでしょうか。内部はコンピュータ化され居住空間もいいですね。

屋外のオープンスペースにも大型重機やら移動式粉砕機がたくさん並んでいました。
45



















トレーラーに貨物を積載したり、コンテナに機械を積みこんだりする移動式クレーン↑ 想像もしてないような機械類が実際に目にできる展示会はやはり面白い。

次回へ続く。

チューリップ

オランダのチューリップ公園に行ってきました!

52



















あ、間違えました💦

上湧別町の『かみゆうべつチューリップ公園』です…‼

見頃を迎えているようです。
国道からもキレイに見えますよ。

こんな素敵な場所にも弊社のお客様がいます!

20



















先日GWの休みを使って、機械を新調して頂きました!
(GW中の作業お疲れさまでした!)

新しい選木機。

47



















この鮮やかな青色は、”VKブルー”!
VKバーカーに使われている青色です。
写真には写っていませんが、この先にはVKバーカーがちゃんと座っていますよ。

このお客様はメンテがしっかりされているので、この機械もこの先10年、15年と使われると思います。もちろん自動給油装置も付いているので万全です。

機械を大事に使って頂けるお客さまにはいつも感謝です。
ありがとうございます。

北欧出張その2

前回に引き続き北欧出張のお話を。

”森と湖の国”というだけあって、上空を飛んでいると森の緑と水の青しか目に入ってきません。南の方は青々とした湖が美しいですが、北へ1時間も飛べばまだ湖は凍っていて真っ白です。春の訪れにはまだ少し早いようです。

40



















今回の目的は製材工場。
ヘイノラ社の機械設備が導入された工場を数件見て回りました。

26



















ヘイノラ社は、製材工場の全てをコーディネート。
製材機械から搬送装置、ソーターライン、最近は乾燥機に至るまで、製材工場に必要なものはここで揃ってしまいます。特にオートメーションシステムには自信があり、優秀な技師が揃っています。無人化・省力化の技術革新に常に取り組んでいます。


男心をくすぐる大型重機が走り回っています。
00



















全てが日本では考えられない規模。
日本を出ると、知らない世界が広がっています。

巨大な重機が走り回っていて、危険!
ということで↓工場内に信号機が!
31


































どこの国でも共通しているのは、安全第一!です。

ヴァーサ号博物館

先日北欧出張してきました。

飛行機のスクリーンで訪問先をチェック✈
(”ヘイノラ”にも行きました)
57













上空を素通りしていきます。
ここで降りれたら楽なのに・・・

まずストックホルムに入りました。
今回は滞在期間中ずーっと快晴!
17



















お客様が到着する時間までちょっと観光に出掛けました。

スウェーデンは国王がいる君主制(ちなみにフィンランドは共和制)。
宮殿で衛兵の交代を見ていました。
12



















私のすぐ目の前に衛兵が立っています。。。

ここストックホルムの衛兵交代式で素晴らしかったのは、ブラスバンド!
50



















馬に跨って行進しながら、片手で演奏しています。
カッコイイ。
馬も暴れることなく、一糸乱れない演奏は素晴らしかった。

続いて、『ヴァーサ号博物館』へ。
13


































この博物館は圧巻です!

1628年に、ストックホルム港を出航して約1.5㎞のところで沈んでしまったヴァーサ号。333年の時を経て、1961年に引き上げられました。

333年間海に沈んでいたものを復元しながら展示している博物館。巨大な船一隻を展示するのに4階建てにし、当時の状況を伝える展示物あり、引き上げた当時の映像を流すシアターありの、迫力ある博物館でした。

今まで訪れた博物館、美術館の中で、面白さ、興味深さナンバーワンかもしれません。感動しました。。。
livedoor プロフィール
記事検索
livedoor 天気
QRコード
QRコード