北の木工機械屋さん

北海道から世界を駆けるコーエキ社長のブログ。 仕事のことから私的なことまで何でも記録しよう!

2014年12月

サンタクロースから

サンタクロースから我が家の子供たち宛てに絵ハガキが届きました!

IMG_1770















フィンランド”からです。

事の始まりは・・・
先月フィンランドに出張で行った時、サンタクロースの村に行くということで(ちょっと前のブログを見てね)、子供たちからサンタさん宛の手紙を預かっていきました。

「サンタさん、いい子にしているので、プレゼントください。ほしいのは、たまごっちの・・・うんぬん・・・」(子供たちの手紙抜粋)

サンタクロースの村(ロバニエミ)に実際に行ってみると、世界中の子供たちから手紙がいっぱい届いていました。「サンタさん、どうかうちの子供たちの願いも聞いてください!」そう祈りながら子供たちの手紙をサンタさんに託してきました。

そうしたら、本当に来ました!サンタクロースから絵ハガキです。
「いい子にしていたら、プレゼントを持ってクリスマスに行くからね!」と書いてあります(英語で。。。)

子供たちは大喜びです。

IMG_1769



























消印を見てください。
どう見ても、本物です。

いるんですよ。。。サンタクロース

シュミレーション

PADE社は、ミラノから車で約30km、コモ湖に向かって北上するとその途中の工業地域、キャビアテ(Cabiate)に位置しています。

27

















同時5軸制御
CNCワークセンターは、イスなどの複雑な加工をいとも簡単に、そして高速でこなす優れた機械。3次元CADを使って立体的に機械の軌道を作ることができ、加工の柔軟性が高いのですが、その一方でちょっとした弱点がこれまでついて回りました。

DSC01848














それは、"機械の干渉"です。
プログラムの作成ミスなどにより、刃物のついたスピンドルヘッドが、加工テーブル、クランプ、治具、材料などに衝突することが起きます。超高速で動く機械ですから、衝突時の衝撃は激しく、位置や角度が悪ければ機械が壊れてしまいます。

この衝突を防ぐためにこれまで様々なシュミレーションソフトが開発されてきました。シュミレーションソフトは10年前にはありませんでした。このソフトの開発が進んできたのはここ数年のことですね。

DSC01844














そして最近開発されたシュミレーションソフトがこれ!

「E-lab」
イーラボ)です。

DSC01847














実機で加工する前に、事務所のパソコンで実際の加工プログラムをシュミレーションします。衝突があればこのソフトが指摘してくれますし、刃物の形状、クランプの位置なども実機に近い形で確認することができます。難しいプログラムコードが読めなくても、”視覚的”に加工プログラムを作成編集が可能です。

すばらしい!!!

DSC01917

























ソフトは事務所用に1台、そして機械の操作用PC1台に入れることができます。機械で実際の動きを確かめながらその場でプログラムを編集することができるので、無駄な時間が省けますね。いいことばかり!

PADE5軸CNCを購入されるお客様には、ぜひこのイーラボも使ってほしい!(オプションですが・・・)

イタリアは今日も雨

イタリアに来ています。12月に入ったというのに日中の気温は10度越え。例年になく暖かいイタリアだそう。ただ、がずーっと降り続いています。イタリアに着いてから4日経ちますが、雨がしとしと降り続くイヤな天気です。

DSC01900














今回は、イタリアはPADE社を訪問。
イタリアは不況だというのに、PADEの工場だけは忙しく活気づいています。
年末年始に注文が殺到しているそうで、制作中の機械で溢れ返っています。

DSC01861














機械フレームも順番待ち。
ここPADEは小さな工場ですが、機械のフレーム、細かな機械部品、電気の制御盤にいたるまで自前で制作し、組み立ててしまいます。この不況で多くの生産工場が分業化し、外注に出すことも多い中、PADEは昔からの生産方法を変えていません。

DSC01857














PADEは、5軸CNCワークセンターを最も得意としています。最近では生産全体の9割がCNC制御の機械でしょうか。機械性能、機械精度が優れているのはもちろんですが、やはりデザインのイタリア、ファッションのイタリア。機械のデザインもカッコいい!

DSC01883














機械本体と、周りのフェンスが一体となって、カッコ良くまとまっているのがわかりますか?!惚れ惚れしますねぇ。

こんな大きな機械も作っています!

DSC01873














ヘッドが2台。
サンディング用にヘッドが1台搭載されいます。
ピアノ工場向けだとか。
どんな動きをするか見てみたいですね。
DSC01871














ユーザーのニーズに柔軟に対応しようとする姿勢が、PADE社の魅力であり、テクノロジーを進化させ続けるこの会社の秘訣だと思います。

今回は、ただ機械を見に来ただけではありません。新しく開発されたソフトを勉強しに来ました。そのソフトとは?! 次回に続く・・・・・

livedoor プロフィール
記事検索
livedoor 天気
QRコード
QRコード