北の木工機械屋さん

北海道から世界を駆けるコーエキ社長のブログ。 仕事のことから私的なことまで何でも記録しよう!

2012年05月

大分の製材所

大分県で製材所を2件見学させて頂きました。
DSC00660
かつては製材所が200件もあった!という日田市です。

2件とも大型製材工場ではありません。が、送材車、ツインバンド、丸鋸ツインと、本機が単独で3~4台設置されています。北海道の製材所は本機からテーブル、リッパーorさらにテーブル・・・とラインで構成されることが多いので、この製材所は興味深いです。

そして、人が少ない!止まっている機械も多いですが、その時々で製材する明細に合わせて人と機械が動いている感じです。非常に効率的です。

41
近くに”琴ひら温泉”という、渓流沿いの森林浴が楽しめる場所に行きました。空気が美味しい!時間が止まっている、というのはこういう場所のことを言うのでしょう。

ひっそりと建つ母屋。ここで”板そば”なるものを頂きました。木箱に綺麗に盛り付けられた十割そば。仕事を忘れてしまいます…というか忘れました

VK改造

VKバーカーを改造させて頂きました。送りローラー(カゴ車)の駆動を2ヵ所増設して、さらにパワーアップしました!

これでどんな丸太が入ってきても大丈夫です
15
ありがとうございました

『キシレクスポ』展示会

ミラノの展示会に行きました。2年に一度の展示会です。
2012_05_11_12_01_44
世界最大のハノーバー展に次ぐ木工機械の展示会と言われていましたが、リミニのテクノドモス展示会と分離してからはその規模が縮小傾向にあります。今回も展示会場は4ホールのみでした。しかし、イタリアの機械メーカーの多くが出品すること、家具・建具屋さん向けの機械が多数出品することで重要な展示会です。

「景気は良くない」とイタリア人は口を揃えて言っていましたが、ヨーロッパの機械メーカーの多くはヨーロッパ以外の国にも多く輸出しているので、全世界的に見ると2009年のリーマンショックの時のような大打撃にまでは至っていないようです。

リミニ、ミラノと立て続けに展示会が行われると新鮮さに欠けてしまいます。日本の木工機械展も同じことが言えますが、出展者の都合による展示会ではなく、あくまでお客様主体で開催してほしいものです。

2012_05_11_20_15_34
ピザ”カプリチョーザ”



モバイルチッパー

DSC00624
ヘイノラ社の移動式チッパー(MOBILE CHIPPER)を見に行きました。山の中を転々としながら仕事をしているので探すのも一苦労です。

ボルボのトラックに、ヘイノラ社のチッパー、クレーン、ディーゼルエンジンを積んでいます。チッパーの投入口は幅1m、高さ70㎝もあり、50㎝径級の原木ならガンガン削っていく能力があります。40m3のコンテナを一杯にするのにおよそ10分から15分。一日の生産量は1000m3を優に超えます。

フィンランドにはバイオマスボイラーが至る所にあります。工場で使用されたり、小さな町に一基ボイラーがあり各戸に暖房等を供給する設備が普及しています。造材後に出てくる林地残材を移動式チッパーで粉砕して、これらボイラーの燃料にしています。

副産物

製材工場の加工段階で発生するバーク、チップ、オガコを副産物と言い、主製品と区別しますがこの副産物の処理に各工場頭を悩ませているようです。

フィンランドの製材工場を訪問しました。製材工場は2ライン、原木消費量は年間で60万立方の規模です。1ラインはヘイノラ社の帯鋸ラインで主に中径木用に使われ、もう一ラインは小径木ラインで高速製材を行っています。製材工場の他に、集成材工場、ペレット工場、バイオマスボイラー設備、等を備えています。

この工場ではバーク、チップ、オガコをそれぞれ袋詰めにして販売をしています。
DSC00587
可愛らしい袋にオガコがパッケージされていますが、家畜の敷き藁として販売されます。オガコが袋詰めされて一般に流通しているのはちょっと不思議な感じがします。
DSC00590
ペレット工場でペレットを製造し、これも袋詰めして販売しています。隣国のスウェーデンの方がペレット活用に積極的で、安価なペレットがスウェーデンから入ってくるようです。最近は隣国ロシアでもペレット工場建設が活発に進んでおり、ペレット供給過多になっています。
DSC00591
続いてバーク。ガーデニングの堆肥として売られています。
DSC00593
最後にチップ。赤っぽく色が着色されていますが、これもガーデニングなどで雑草対策として使用されます。

この工場でも何とかして副産物に付加価値を付けて販売しようとしています。木工場から出てくるものに何一つ無駄なものはありません。

ファーストクラス?!

今日から出張ですが、「ファーストキャビン」に乗りました! と言ったら、贅沢でしょう?!
2012_05_07_00_21_35
残念でした!”ファーストクラス”ではないんです。ここは羽田空港内にある「ファーストキャビン羽田ターミナル」という名のカプセルホテルです。先月オープンしたばかり!

カプセルホテルですが清潔感があり、ベッドは広々、テレビも32インチ。十分にリラックスできる空間です。羽田空港で寝泊まりする機会はほとんどありませんがまた泊まりたいです。

いつかは乗ってみたいファーストクラス・・・ 
さあ、これから本当のエコノミークラス(狭い・・・長い・・・)で旅立ちます!

サイクリング

今日はサイクリングです 
37
今日のルートは”牛朱別川”(石狩川の支流)の堤防のサイクリングロードです。家の裏からこの堤防に上り、旭山動物園方向に進むと工業団地の裏手まで来ることができます。今日はコーエキ事務所がゴールです

子供と一緒に行きましたが1時間ほど掛かりました 最近流行の自転車通勤にはちょうどいい運動かもしれません 普段は車で通る同じ風景のはずですが、自転車に乗って見る景色とはまるで違います。風を感じ、土の匂いを感じ、新緑が鮮やかでキレイです
47
昨シーズン末にタイヤを交換しました。MTBにもともと付いていた太いブロックタイヤを、1.75のスリックタイヤに交換です。赤のラインがいいでしょ 

男の料理!

休日は子供のリクエストに応えて料理を作ることがあります(たま~に、しかも気が乗ればね・・・)

先日の出張でちょっと食材を購入してきたので…今日はスパゲッティにします (海外から帰ってしばらくの間は、外国かぶれしているのでご注意を)
24
子供と写真を見ながら選んだ一品は、『スパゲッティアマトリチャーナ』!ミニトマトと生ハムをふんだんに取り入れたトマトソースベースのパスタです。
02
弟子達(嫁、娘達)がテキパキと仕事をこなしてくれたので写真のようなパスタ完成!見た目はともかく、子供たちの第一声は「おいしい~」 料理人としてこれ程うれしいことはありません 

が、しかし、二口目あたりから子供の手が止まっています…「酸っぱ~い!」 ホールトマトと大量のミニトマトの酸味が子供にはきつかったみたいです。今度はカルボナーラかな

livedoor プロフィール
記事検索
livedoor 天気
QRコード
QRコード