北の木工機械屋さん

北海道から世界を駆けるコーエキ社長のブログ。 仕事のことから私的なことまで何でも記録しよう!

リゾートで展示会!

アドリア海に面するリミニという町に来ました。
2012_04_19_13_24_18
白い砂浜にリゾートホテルが整然と立ち並ぶ、まさに一大リゾート地です。遊びに来た訳ではありません・・・ここでイタリア最大級の木工機械の展示会『テクノドモス』が開催されています。

リミニにはイタリア最大の木工機械メーカー『SCM』、『BIESSE』の本拠地があります。今回私も工場内を見学させて頂きましたが、木工機械がコンベア上に並び、まるで自動車の生産ラインのようです。日本の木工機械メーカーとは残念ながら比べ物にならない規模です。
2012_04_19_16_14_46

日本の機械メーカーとの大きな違いは、イタリアのメーカーは生産の9割以上を輸出に依存していることでしょう。日本メーカーは生産のほとんどを国内に頼ってきたため、国内の景気に大きく左右され木工機械業界は縮小傾向の一途を辿っています。

もう一つの違いは、ヨーロッパの機械メーカーは吸収合併を繰り返し企業が巨大化していることだと思います。今回もとある有名な椅子加工用CNCワークセンターの製造メーカーが巨大メーカーに吸収されていました。

展示会の内容はまた次回!




PADEの最新CNC

今日からイタリアです。家具の本場、ファッションやインテリアの本場のイタリアは、優れた木工機械の産地でもあります。

今回は当社が代理店をしているPADE社の案内で、イタリアの家具工場を見学し最新鋭機を視察しました。
2012_04_18_14_07_55
訪問先はウッディーネ(UDINE)地方の家具加工工場です。イタリアの家具製造は”分業化”が進んでいます。日本の家具工場だと木取りから加工、仕上げに至るまで一つの工場で完結してしまうのが普通です。

しかしイタリアでは小規模の工場が分散していて、それぞれ木取り専門、加工専門、仕上げ専門、組立専門などと専門分野に分かれて工場が運営されています。今回見学した工場も小規模人数ですが、最新のCNCワークセンターを数台持ち部品加工に徹しています。

専門を生かした各工場の連鎖で一つの家具が生まれるという発想でしょうか。日本の考え方とは全く違います。イタリアの考え方は非常に合理的であらゆる経済状況の変化にも対応できるようです。

CNC機は日本では大規模な家具工場で使用されるイメージが強いですが、ここイタリアでは小規模の家族経営の工場に最新のCNCが導入されていて驚くことがあります。

2012_04_18_17_45_53
明日の訪問地への移動の途中で、ヴェネチアに立寄りました。神秘的で不思議な街です。

爆弾テロか?!

成田空港で爆弾テロ?!事件です

日本を発つ前に和食を食べようとレストランに入っていると・・・何やら外が騒がしくなっていました。外に出てみると、物々しい装備をした警察官でいっぱいです。シッピングカートに載っているキャリーバッグに爆弾が入っている模様
2012_04_02_20_47_391
『KEEP OUT』の黄色いテープが張り巡らされ、大きな犬も応援に駆け付け、盾を持った爆弾処理班の警官がショッピングカートの前で大声で確認を繰り返します。映画みたいです

「異常なし!!!」警官の掛け声と共に人々は去っていきました。ホッ

それにしても、爆弾処理にしては緊張感がないような。。。ここで本当に爆発したら自分を含め周りのみんな吹っ飛ぶよね

飛行機は遅れることなく出発できました。行ってきまーす

4月は新しいことを

4月は何か新しいことを始めよう!そう思う人は多いはず。その中でも定番は、NHKの語学講座

私の場合、小学生の時にラジオ講座『基礎英語』を聞いたのが始まりです。しかし、まともに1年間やり遂げたことはなく、何度となく挑戦と挫折を繰り返してきました
2012_04_02_20_47_39
今年も何かやろうと本屋さんに行くと、魅力的な表紙の数々手に取ったのはこの3冊。

テレビ講座『中国語』(いつか行きたいから・・・)
テレビ講座『イタリア語』(もうすぐ行くから・・・)
テレビ講座『源氏物語』(美しく危険な・・・)

でも、4月も半ばだというのにまだ一回も観ていない!もう挫折か
プロフィール

masamine_noda

記事検索
livedoor 天気
QRコード
QRコード