北の木工機械屋さん

北海道から世界を駆けるコーエキ社長のブログ。 仕事のことから私的なことまで何でも記録しよう!

名古屋国際木工機械展のお知らせ!

bnr_top1
国内最大級の国際木工機械展が今週(11月2日~5日)名古屋で開催されます。2年に一度開催される木工機械業界最大の催し物です。国際的に有名な木工機械展は、ドイツのハノーバーで開催される”リグナ・ハノーバー”が世界最大でしょう(今年の5月末開催されました。私も行ってきました)。次にイタリアのミラノで開催される”キシレクスポ”(来年開催)、こちらはイタリアメーカーを主体とした木工機械関係が強い。林業機械の展示会としてはスウェーデンの”エルミナ”が有名です。

名古屋展も”国際”と銘打っていますが、実際にはほとんどが日本人による出展、来場者もほとんど日本人というのが実態です。昔は規模の大きな展示会だったらしいですが、最近はホールも1つだけと縮小傾向にあります。前回の名古屋展はリーマンショック直後ということもあり、機械展なのに機械の実演展示がない!という危機的な状況に陥っていました。今年は前回と同様の規模ということですが、機械の展示・実演が多いと聞いてます。各機械メーカーさんが提案する次世代の木工機械に期待大です!私も会社を代表して名古屋に行きますが、今から楽しみです!

ホゾ穴加工機

旭川のお客様に、楕円ホゾ穴加工機を2台納入させて頂きました!
ありがとうございました
DSC00248

はろうぃん

今日は娘たちが英会話教室のハロウィンパーティということで仮装をしていました。長女は魔女、次女は妖精だそうです。娘たちがオクノの”ぺらぺらKIDS”に通いだして一年以上になりますが、毎回楽しそうに勉強(半分は遊び!?)しているようです。外国人講師なので授業中は英語のみですが、娘たちは初回の授業から何の抵抗もなく先生と英語でやり取りをしているのです(不思議です)。そして、驚くほど発音がきれい!我々の時代の英語教育は読み書きからスタートしたので発音はいくら頑張っても直りませんでしたが、娘たちのように耳から入れば発音はきれい(巻舌)です。

P1020266世界はまさにボーダーレス社会で国際化は今後更に加速します。最近は円高が急伸し日本のものづくり産業は海外生産を迫られる岐路に立っています。日本国だけで経済を成立させることが不可能な今、異文化の人々とコミュニケーションが取れることが日本人にとって必須となります。今の日本人にはその危機感が少ない気がしますね。

それにしても、私が小さい時にはハロウィンの存在すら知らなかった。日本人は外国の文化を取り入れるのが上手です。そのうちスペインのトマト祭りとか、インドのホーリーなんかが日本に来たら面白いかも。

木と北欧デザイン

昨日フィンランドから帰ってきました。北欧では人々の日常生活の中に木が自然に溶け込んでいて、そんな風景をあちこちで見かけました。
24
スウェーデンのシェレフテオ空港です。スウェーデン北部にある小さな町の小さな空港でした。管制塔の外壁に木材が使われています。空港ターミナルの外壁も木材でした。
34
ヘルシンキ空港のホテルヒルトンのロビー内です。ホテルのロビーにもさりげなく、お洒落に木材が使われています。
11
ヘルシンキ市内の近代的な建築のショッピングモールです。地下はバスターミナル、その上がシッピングモール、さらにその上がマンションになっています。外観はガラス張りの近代的な造りですが、内装に木材がふんだんに使われています(この写真ではわかりずらいですが・・・)。
29
自然の岩盤を爆破して造られたテンペリアウキオ教会です。岩盤をそのまま使用し、天窓から入り込む太陽光が独特な雰囲気を醸し出しています。ヘルシンキに来たら必ず足を運ぶ私の”パワースポット”です。

livedoor プロフィール
記事検索
livedoor 天気
QRコード
QRコード