北の木工機械屋さん

北海道から世界を駆けるコーエキ社長のブログ。 仕事のことから私的なことまで何でも記録しよう!

最新鋭の製材機械

お客様と一緒に北欧に来ています。今日はヘルシンキからプロペラ飛行機に乗って、スウェーデン北部のシェレフテオ(Skelleftea、発音が難しい・・・)という町にある製材工場を見学しました。製材機械は、当社が代理店契約しているフィンランドの製材機械メーカー、ヘイノラ社(Heinola Samill Machinery, Inc)の最新の製材ラインです。
DSC00127
機械のライン構成は、欧州で主流の丸鋸プロファイラーラインです。既存工場に新しいラインを組み込んだので非常にコンパクトな印象を受けました。ラインの特徴は”カーブソーイング”です。スキャナーで読取った原木なりに機械が左右に倣っていきます。小径木主体のラインなので、送材速度が速い!今日は毎分150mで製材していました。毎分180mで挽くのが目標だそうです…原木は何本必要なの?1シフトで8500本消費するそうです。
DSC00160

スウェーデンは、EUR通貨に参加せず独自の政治経済を築いています。世界的に不況になった2009年以後も、現在南欧州に端を発する国債問題にも大きな影響を受けずに、比較的経済が安定しています。製材界においても、スウェーデンでは大型製材工場が続々建設されています。素材供給は大丈夫なの?日本では考えられない規模です。

最新鋭の林業機械

紋別市で行われた先進林業機械の講演会および現地デモンストレーションに参加しました。実際の伐採現場で最先端の林業機械の実演を見てきました。現場で紹介されたハーベスタとフォワーダは共にフィンランドから輸入された機械です。

DSC00101

従来の国産林業機械に比べて、走行性が抜群に良くパワフルで(エンジンはベンツ!)、生産性や作業効率が非常に高い!日本の森林は傾斜がきついから外国の林業機械は使えないという既成概念を完全に覆すかのように、スイスイと斜面を駆け上がっていきます。
オペレーターさんが運転するコクピット内も非常に快適で、テレビゲームを操作するかのように両手でジョイスティックを操り、正面のPCで計器や機械の状況を確認できます。伐倒データが逐一PC上に表示され、今後は伐出指示なども行うことができるそうです。林業機械もIT化の時代ですね。
DSC00113
今日は関係業者200名余りが集まっていました。国産材利用に対する林業界の関心の高さが窺えます。今回の機械はフィンランド製ですが、木材業界の先端を常に走り世界の潮流を作るのはやはり北欧の思想であり技術だと感じました。

創立20周年記念

10月1日から当社の新しい年度が始まりました。今期は第20期にあたり、会社創立から20周年を迎えることになりました!20年を迎えることができたのは、何よりお客様の皆様に可愛がって頂き、協力会社の皆様にご支援頂いたからだと強く実感し、深く感謝いたしております。

20年の社歴を持つ会社はたくさんありますが、中小企業の寿命は30年とも言われています。ここ数年の不況からその寿命は更に縮まっているようです。当社もこれから10年、20年と更に会社を成長させていきたいと思っています。今後とも変わらぬ御愛顧よろしくお願いいたします!
ENIMAGE1317501174691
苦楽を共にし一緒に会社を盛り立ててくれたスタッフ全員にありがとう
みんなで旭岳温泉に一泊してきました朝起きたら旭岳が雪で真っ白。本格的な冬の到来です

ソファも旭川家具

写真我が家のソファ買い替えちゃいました。もちろん旭川家具です。

生地(合皮)の色、ステッチの色、脚の色が自由に選べ、色の種類も豊富です。ちなみに我が家が選んだのは、黒の生地に赤のステッチ、黒の脚です。届いてみるとちょっとシックかなと思いましたが、長くお付き合いするものだからいいですかね。

仕上げが丁寧で肌触りが最高です。旭川家具職人の技が光ります。
livedoor プロフィール
記事検索
livedoor 天気
QRコード
QRコード