北の木工機械屋さん

北海道から世界を駆けるコーエキ社長のブログ。 仕事のことから私的なことまで何でも記録しよう!

今年一年ありがとうございました!

旭川も穏やかな大晦日を迎えています。

今年一年私のブログにお付き合い頂きありがとうございました。

お客様の工場や現場でたくさんのお仕事させて頂きました。
社員も大きなケガなく無事一年過ごすことができました。

これもひとえに皆様のご協力があってこそと、この場をお借りして厚く御礼致します。

(旭川神社↓)
18



















私のブログ、スタッフブログ、コーエキHPと来年も充実したコンテンツにしていきます!

2017年も皆様と共に飛躍していきたいと願っています。
来年もどうぞ宜しくお願い致します。

今年一年本当に有難うございました!

最新の”コッピング”

家具工場には、”コッピング”という名の機械があります。全ての家具工場にあるわけではなく、イスやテーブルの脚を作るいわゆる”脚物”を作る工場に多くみられます。

こっぴんぐ”という言葉を初めて聞いた時、頭の中は「???」。何のことなのかさっぱりわかりません。

英語なのだろうと、綴りを思い浮かべてみますが、やはり「???」。
"Copping"? "Cupping"? そんな単語、英和辞典に載っていません。

日本語にすると、”倣い旋盤”と言うらしい。

木工機械用語集によりますと・・・
”複数の加工材の取付け軸とモデルの取付け軸をそなえ、両方を回転させてモデルに密着させたトレーサと刃物とを同一の刃物台で連結させ、一回のセッティングで複数の加工を行なう木工旋盤。加工材の取付けは、通常水平式とするが、垂直式タイプもある”

つまり、”コピーする”という概念から生まれた言葉らしい。
正解は、「COPYING」。
本物の英語なのか、和製英語なのかはわかりません。

くだりが長くなりましたが・・・ お客様の工場に、最新の”コッピングマシン”をこのほど導入いたしました!

55


















何が最新かというと、まずは”倣いのモデル”がありません。
従来のコッピングは、モデルをその形に沿って倣う必要がありました。
製品の数だけモデルもあることになります。

この最新コッピングは、モデルが必要ありません。
倣いモデルの代わりにが、三次元CADのモデルデータです。
CADデータをNCプログラムに変換し機械を動かします。

それでは、加工をちょっと見てましょう。
加工前↓ 材料を機械にセッティングします。
19























加工スタート!
勢いよく回転する材料を刃物で削っていきます。

55



















角材の角張った個所が削れて丸みを帯びてきました。
”脚”っぽい形になってきましたね。

21
















加工終了!↓
加工前と比べてみてください。
見事な仕上がりです!

36
















この機械、旋盤加工だけではありません。
通常のNCルーターと同様の5軸加工も可能です。
さらに刃物交換ができるATC装置付き。

試運転が完了し、あとは本格稼働を待つばかり!
バリバリ加工している姿を見るのが楽しみです。

PADEのインターフェース

PADEの操作画面(インターフェース)をちょっとご紹介。
毎年少しずつ使いやすくなっています。

32



















”ウォームアップ”モード。
機械始動前に、各軸(5軸)とスピンドルを空運転させて準備運動。
文字通りのウォームアップです。
寒い北海道には必須!

18



















”プロダクション”モード。
生産管理に使用。
一日何時間稼働したか、何ピース生産したか、などのデータを集計管理します。

10



















”メンテナンス”モード。
給油の時間、オイル交換、フィルター掃除などのメンテナンスの時期を教えてくれます。「油切れして機械が壊れた!」という不測の事態を未然に防ぎます。

”ユーザーフレンドリー”な操作が容易な画面を目指しています。

試運転と加工が始まりました!↓
44



















PADEならではの首を振り振り滑らかに加工していきます。
やはり曲線加工が得意です。
カップの冶具加工↑

続いてはスツールの座面を加工↓
26


































PADE1台で加工の幅が広がりますね!

お客様には納入からトレーニングまでお世話になりました。
ありがとうございました!

氷点下25度

”氷点下25度”の下川町で機械を据付中。
道新朝刊の記事にもなりました↓

11

















今回の機械は、イタリア製PADE社の「クリッパーソロ」。

PADE社のNCマシン、今年はこれで2台目。
シュミレーションソフト”E-Lab"で機械の全容を見てみましょう↓

47


































コンパクトな機械。
加工テーブルは1台。
その上に”ポッド”を8個装備。
スピンドルは4個。
いつものパワフル10kWモーター。

24



















イタリア人技術者と弊社のスタッフで機械を組み上げていきます。
”英会話教室”の成果も上がって、コミュニケーションもスムーズ。

最後にPADEとKOEKIのシールを貼って完成!
46



















次はいよいよ試運転、そして加工が始まります!
livedoor プロフィール
記事検索
livedoor 天気
QRコード
QRコード