北の木工機械屋さん

北海道から世界を駆けるコーエキ社長のブログ。 仕事のことから私的なことまで何でも記録しよう!

2019年!

2018年大晦日は九州で仕事。大晦日の夜東京に飛び、元旦の早朝便で旭川に帰ることになりました。

IMG_6101

一年経つのが早い!

2018年の前半は海外に行く機会を多く得ました。フィンランド、ロシア、ドイツ、台湾、イタリア。そこでは、多くの取引先に出会い、たくさんの面白い機械を知り勉強することができました。そのマーケットを探すことは容易ではありませんが、ビジネスチャンスのヒントになることが多々あり、将来の展開を期待できると実感できるものもありました。

とりあえず動く。
頭で考えるよりも、まず行動することが大事だと思います。四十を過ぎて、ちょっと頭が固くなり固定観念を拭えないこともあるこの頃。
まずは一歩踏み込んでみる。踏み込んでみてから考える。頭で考えるだけで行動しないのが一番良くないと思います。

2019年やりたいことは盛りだくさん。
新しいことにチャレンジして、ビジネスの幅を広げていきたいと思っています。

あらためて、様々な人々に支えられて仕事をさせてもらっていると感じます。お客様をはじめ、協力会社、社員、社員の家族、そしてうちの家族、みなさんの支援があって仕事ができていることに感謝し、今年も引き続きのご支援をお願いしたいと思います。

今年もよろしくお願いします!

ハンドブック

毎年この時期になると、フィンランドの取引先からクリスマスプレゼントをいただきます。
(本物のサンタクロース?です)

外国の人のクリスマスプレゼントは、日本のような豪華な包装でお洒落なプレゼントではありません。見た目は質素だけど、相手の人のことをよく考えて中身を選んでくれている、そんな気がします。

今年は… 本でした!

IMG_3708

「THE SAWMILL INDUSTRY HANDBOOK」“製材工場ハンドブック“
フィンランドの製材機械メーカーの各分野のスペシャリスト達が執筆した本です。

世界中探しても、製材工場、製材機械に関する書籍は本当に稀。
日本でも帯鋸盤と目立てに関する記述がある本を一冊知ってますが、もう何十年も前の古い古い物。
私の知っている限り、アメリカではFORESTRY(森林学)という学問は今も確立してますが、それでも数冊しかこの類の本はありません。

ということで、今回いただいた本はすごくうれしい‼︎

中身をちらっと見ると…
FullSizeRender
早速 VKバーカーが登場。
製材工場の一番最初の工程ですからね。

FullSizeRender
続いて へイノラのドラムチッパーもあります。
チッパーは、製材工場で一番稼働時間が長い機械でしょう。

FullSizeRender
木取りは、機械屋さんもしっかり勉強しておきたい重要な部分です。

結構ボリュームあるし英語なので時間かかるかもしれませんが、お正月の間に読みたいと思います。

新しいターミナル

いつも利用している旭川空港に、新しいターミナルがオープンしました!海外からの観光客の増加を見越しての国際線ターミナルの開設です。

IMG_5647

2階にに行くと、お土産屋さんが一新されていました。旧店舗は全て閉鎖され、開放感のある空間に新店舗が並んでいます。一つの店舗の大きさも拡大されました。

木工芸品も販売されています。弊社のお客様の商品も並んでいますね。

IMG_5644

ただ一階に行くと、、、

IMG_5642

一階にある空港カウンターは、がら〜んとしています。。。何もない。国際線で就航する路線がまだ決まってないようです。

IMG_5643

折角オープンしたのに、飛行機が飛んでいないなんて。空港の社長を兼務している旭川市長さんは、元国際線パイロットですから、思いだけは強いんでしょうね。

早く国際線就航を進めてほしい!こんな立派なターミナル作ったからには、欧米線でも引っ張ってきて欲しいと強く願います。

遅い初雪

久々に旭川に帰ってきました。北海道上空に来ると、一面真っ白な世界が広がっていました。

IMG_5611

「雪が降り始めたよ」とは聞いていたが、目の当たりにするとゾッとする。また厳しい季節がやってきたなと。

IMG_5613

本州からお客様がいらっしゃったので、旭岳温泉へ行きました。建物にはもう1メートルくらいの積雪が。。。

クロスカントリーの合宿が始まってました。ウィンタースポーツの季節到来です。

IMG_5614

旭岳のロープウェイは現在点検中。来月頭には運転再開、同時にゲレンデスキーも解禁ですね!今シーズンは何回行けるかな。

プロフィール

masamine_noda

記事検索
livedoor 天気
QRコード
QRコード