北の木工機械屋さん

北海道から世界を駆けるコーエキ社長のブログ  仕事のことからプライベートまで何でも記録しよう!


今日の旭川快晴でした!

でも緊急事態宣言下の北海道、外出は控えめに。
弊社も第一土曜は営業日ですが、事務所は閉めて、自宅からそれぞれオンラインで会議に参加してもらいました。
IMG_4498
真剣に聞き入っているので笑顔なし↑

zoomでの会議はまだまだ不慣れです。それぞれ微妙な空気が掴めず、発言もどこか控えめになりがち。でも無駄な会話が省けて会議は早めに終わりました。

来週から弊社でも一部テレワークを開始します(バックオフィス業務のみ)。去年からソフトやPCを新たに導入し準備してきました。

コロナの時代と呼ばれ、様々な物事が変化していくのがわかります。今までの歴史を一度リセットするかのような大きな節目を感じずにはいられません。

道新(北海道新聞のことです…念のため)の一面に業界の話題が!!!

FullSizeRender

“ウッドショック”の話題があらゆる新聞で、テレビのニュースで、頻繁に取り上げられています。木材の話題が注目されるのはうれしいこと。

木材の引き合いは強い、でも原料がない… 悩ましい悩みです。限られた自然を相手に、そしてそれを生業とする業界の大変さだとも思います。

ここ数日で北海道にも夏が来た感じで、気温がグッと上がってきました。近所では外でジンギスカンやる家も出てきた。北海道人はちょっと暖かくなると、すぐ外で焼肉する習慣があるようです。

コロナの影響で運動不足を感じ、昨年から夜にちょくちょく散歩するようになりました。我が家から旭川神社まで歩いて行って、1時間弱。毎日続けるには程よい運動です。

FullSizeRender

旭川神社に行くと、こんな幟が。

「祈疫病退散」

神様はなんでも願いを聞いてくれるんですね。旭川も感染者増えてきたようなので…祈願しておきます。

ほぼ一か月ぶりのブログ。
ブログも一度サボると書きづらくなりますね。。。

今日の旭川はぽかぽか陽気。
夏の訪れを感じます。

一方で北海道に緊急事態宣言が発出されました。
札幌圏の感染者が急増しています。
旭川は感染者数はそれほど増えていませんが、私の周りでも感染者の話をよく耳にするようになりました。コロナが身近に、日常になってきました。

日本ではようやく高齢者へのワクチン接種が始まりました。
旭川でも昨日から予約がスタート。接種の開始は今月後半から。

日本の対応は遅いですね。

弊社の海外取引先メーカーさんからコロナ事情を聞くことがあります。

フィンランドでは、「夏には国民全員のワクチン接種が終わるよ。8月には完了だね」と言ってました。フィンランドの人口は確かに少ない(500万人ちょっと)ですが、それにしても、この差はどこからくるのか。

イタリアでは、「ワクチン接種が始まって、劇的に感染者数が減っているよ。9月には技術者のワクチン接種も終わるから、日本に行こうと思えば行けるよ」と言ってます。ただ、「日本に入国して2週間の隔離検疫があるうちは無理だね」と言われましたが。

テレビを見てもアメリカも通常を取り戻しつつありますね。ハワイのビーチも人がいっぱいですね。

一方で、インドの感染事情は悪化の一途。タイなど東南アジアも増加傾向にあります。

”先進国”はワクチン接種が進み、”後進国”はワクチンが打てない。
いわゆる、南北格差でしょうか。

あれ?日本って”先進国”だと思っていましたが・・・勘違いしていたみたいですね。

このページのトップヘ